葬式における服装のマナーについて

葬式に参列をする場合は、その場にふさわしい服装を着用しなければなりません。基本的には、いわゆる「ブラックフォーマル」と呼ばれる物が良いでしょう。喪服は貸衣装でレンタルすることもできますが、突然の訃報等に備えて、社会人として冠婚葬祭全てに使えるフォーマルウェア・靴・バッグ等を一式揃えておくと安心ですね。男性の場合ですが、スーツはダブル、シングル、三つぞろいのいずれも可能です。また、白シャツに黒無地のネクタイを着用し、金具のないタイプの黒い靴を履くようにします。次に女性の場合ですが、黒のワンピースやアンサンブル、スーツ等を着用し、ストッキングも黒にしましょう。靴は黒のパンプスがベストです。サンダルやブーツはNGなので気を付けましょう。緊急の場合に備えてきちんと喪服を準備し、また、細かい部分も理解しておくと安心ですね。上記の事をしっかりと頭に入れておくと良いでしょう。

葬式の際のアクセサリー、バッグのマナーについて

葬式に出席をする際は、服装や身だしなみに気を付ける事は当然ですが、同様に身につけるアクセサリーや小物にもマナーが存在します。男性の場合ですが、結婚指輪はそのままつけていても構いませんが、ゴールドの時計やブレスレットなどは外しておくようにしましょう。また、ネクタイピンはつけないようにするのが通例です。次に女性の場合は、アクセサリーは結婚指輪とネックレス程度に留めておくのが良いですね。ネックレスはパールで一連の物を選ばなければなりません。化粧に関しても、濃いメークは控え、ネイルをいている人は落とすようにしましょう。髪型は、黒いゴムやピンなどですっきりとまとめ、清潔感が出るようにして下さい。バッグについては、黒であればよいですが、ショルダーバッグは、なるべく避けるようにしましょう。しかしながら、会社帰りの場合などでやむを得ずショルダーバッグで参列する場合は、肩に掛けずに紐を結んで短くしてからハンドバッグのように持つなどして、持ち方を工夫し、ご遺族に失礼にならない心遣いをしましょう。また、毛皮や皮などの殺生を連想させる製品は厳禁です。このように、アクセサリーや小物についても様々なマナーがあるので、きちんと理解をしておいてから葬儀に参列するようにしていですね。

葬式に参列する際の男性の服装について

社会人ともなると葬式に参列をする機会も増えるのではないでしょうか。急な訃報に備えて、ブラックフォーマルはきちんと準備をしておきたいですよね。男性の葬儀の際の礼装の購入についてある程度の情報を知っておくと良いでしょう。喪服のお値段は様々ですが、専門店で購入する場合、大きく分けると2万円~3万円代、4万円代~5万円代、6万円代~7万円代、8万以上と分類されます。では、値段によって何が変わってくるのでしょうか。一番違うのは、「黒」の色です。価格が高いものほど深みが合って品のある黒になります。他は、着心地やシルエットの美しさ等に違いがあります。価格が高いものは、着用時に身体のラインに吸い付くような感じで、見た目の美しさが断然違います。どの価格帯の物を購入するかは、ご自身の年齢や立場等を考慮してから選ぶと良いですね。葬式は、ご遺族をはじめとする様々な方々と顔を合わせる場でもあります。失礼のないよう、一社会人としてふさわしい喪服を持っておくようにしましょう。