葬式での服装のマナー、通夜の場合

葬式の服装のマナーでは、通夜で遺族の場合には、黒の礼服を着用して、男性は黒のネクタイ、黒の靴下、白のワイシャツを着ます。女性は薄化粧にして、結婚指輪以外のアクセサリーは極力避けますが、1連の真珠またはイヤリング程度なら可能ですが、両方つける事は好ましくないです。男性が喪主になる場合には、モーニングを着用する事もありますが、夜着用するものではないです。女性が和装にする場合には、黒の喪服または縞か無地の着物、黒の帯で小物も黒にします。参列者の場合には、通夜の場合には、訃報を聞いて取り急ぎ駆け付けたという場合もあるので、平服でも大丈夫です。仕事先から慌てて来たのに喪服を着ている事は不自然という事になります。平服で行く場合には、遺族や他の参列者の方々に不快感を与えない場合にも、できる限り地味な服装で参列するようにし、事前に通夜への参列がわかっている場合には、喪服やそれにかわる服装を用意しておきます。

自分の葬式を自分で考える

人生の最後をどのように締めくくるか、今から考えておかなければなりません。自分で自分の葬式は出せないので家族に要望を伝え、出来る限りそのようにして欲しいと頼みます。エンディングノートを書いておくのも良いですし、家族に直接伝えても構いません。式に掛かる費用も様々なので派手にしたくないなら、費用を抑える事も出来ます。葬儀屋さんによって祭壇にもランクがあり、オプションが多く最終的に費用が掛かったりする事もあります。細かい打ち合わせをしっかりしておいても、予想外の出費が出てくるので気をつけたい所です。祭壇に飾られた送り花以外のお花が少ない葬儀に参列し、とても寂しい印象を受けたことがあります。なので自分の時には祭壇は小さくてもお花は沢山飾って欲しいと伝えます。自分がこだわりたい所はしっかり伝え、送ってくれる家族の負担も少なく出来るなら早めに葬式を考える事は、悪いことでは無いのではないでしょうか。

様々な葬式の形がある

仏式葬儀、神式葬儀、キリスト教式葬儀など、葬式には様々な形があります。その他に近年多いのが、個人葬や家族葬などです。親しい人たちだけで、行うタイプです。少子化などが影響したり、遺族の事情や、本人の遺言など、様々な事情から選ぶ人が増えてきています。参列する場合は、どのタイプの葬式であるかを把握しておくことが大事です。他にも、葬式の正しい服装をし、マナーを守ることが重要です。女性であれば、派手なアクセサリーなどは身につけないように気を付けることも大事です。葬儀のタイプによって、焼香の仕方など、様々な違いがあるので、前もって学んでおくとよいです。香典の相場も、知っておく必要があります。故人が亡くなり悲しい気持ちであっても、マナーを守り、故人への感謝の気持ちと遺族をいたわる気持ちで参列することが重要です。