気を付けるべき葬式の服装マナー

訃報とは突然やって来ます。葬式に参列をする際、一般の弔問客は、喪服、あるいはダークスーツなどの略礼装や平服でも構いませんが、地味な服装で参列をしなければなりません。喪家側、弔問・会葬側など、それぞれの立場によって、服装に違いがあります。失礼のない装いを理解しておく必要があります。喪服は、古くは「喪に服する」という意味で遺族だけが着用していました。しかしながら、現在では、故人に哀悼の意を表す服装として、葬儀に参列する一般会葬者も喪服を着ることが通例となっています。子どもが参列をする場合、学校の制服があれば、それが正式礼装になります。制服がない時は、白いシャツに黒や紺、濃いグレーのジャケットやズボン、スカートを着せて下さい。また、色だけでなく、派手なデザインにならないように気を付ける必要もあります。バッグや靴、アクセサリー等は、色だけでなく素材やデザインにも注意が必要です。さらに帽子や傘、髪型や化粧も弔事の場に合わせ、普段以上に気を使いましょう。葬儀はあらゆる立場の人々が集まる場です。恥をかくことのないようにしっかりとマナーを知っておきましょう。

お葬式のマナーの必要性

お葬式は、亡くなられた人を弔う人生の終りの大切なお祭り事です。今でこそ、祭壇が作られたり、花が供えられたりしておりますが、このお祭り事は日本だけでなく、世界のいたるところで行われるお祭り事です。人が亡くなったことを悲しみ、その人を思う、宗教的な行事です。しかし、宗教的な行事として行われる太古から行われておりました。現在の葬儀に参加するには、その服装は当然ですが、葬祭場でのマナーも必要になります。マナーを知らないために恥をかくこともあります。服装は、洋装も和装もですが、黒を基調した服になります。ネクタイなどは葬式では黒が必須です。決して、赤、青、黄色などの華美な色は厳禁です。葬式ではお花を添えたり、焼香をします。参列時にも遅刻は厳禁です。友人といても無駄口をたたかず、静かにしていなくてはいけません。

葬式に関する情報を収集しよう

両親などの身近な人が高齢になってきたら、いざという時のためにも冠婚葬祭に関する情報を収集しておいた方がいいかもしれません。特に、葬式で喪主となる可能性が高い場合には、早めに下調べをしておいた方が安心です。いざ、その時が来てしまっても慌てなくて済みます。今の時代、葬式に関する情報は手軽に収集することができます。インターネットを使えば簡単です。葬儀場をはじめ、葬式にかかる様々なことを調べるにはうってつけのツールとなっています。特に葬儀場は早めに目星をつけておいた方がいいかもしれません。その時になってみてから比較検討する時間は、なかなかとれないからです。料金体系や様々なサービス内容など、調べておくことをお勧めします。葬儀マナーなどに関する情報もネット上には載っています。自信がないという人にお勧めです。