葬式の際の女性の服装について

女性が葬式において着用するべき服装についてまず一番に気をつけたいのは、スカートの丈です。膝が見えるような長さは、葬儀の場ではNGです。膝が隠れていれば大丈夫ですが、ギリギリの長さだと動いたときに膝が見えてしまうこともあるので、少し余裕があるくらいの長さが良いでしょう。また、葬儀の際は立ったり座ったりしなければならない時も多いので、タイトシルエットより、少し広がったフレアタイプの方が動きやすいでしょう。次にデザインですが、こちらも様々な種類があり、年齢ごとにお勧めのデザインが異なってきます。例えば、20代から30代の方には、ハイウエストで可愛らしいイメージのボレロ風ジャケットの物がお勧めですし、40代以上の方には落ち着いた雰囲気のテーラードジャケットがお勧めです。お店で店員さんに色々と聞いてみると良いかもしれませんね。葬儀は、故人やご遺族に敬意を払う意味でも、きちんとした身なりで参列をしなければなりません。ただ喪服を購入するのではなく、自分が素敵に見えるデザインの物を選択するようにしましょう。

葬式の服装マナーについて

葬式の服装といえばまず「喪服」をイメージする人がほとんどであると考えます。その通り、現代では、喪主や遺族をはじめ、葬儀に参列する人も全員が喪服を着用するのが一般的です。男性の場合、喪服として広く着用されているのがブラックスーツです。ここで気を付けなければならないのが、通常のビジネススーツは「喪服」ではないという事です。喪服と普通の黒い無地のビジネススーツは一見同じようにも見えますが、実は違います。喪服は生地の質が違い、光沢が出ないように仕上げられ、より黒く見えるようになっています。葬式ではほとんど全ての人が喪服を着用しているので、一人だけビジネススーツを着ていると非常に目立ってしまい、恥をかいてしまうこともあります。そうならないように、喪服はきちんとしたものを一着用意しておくと安心です。このように、喪服には意外なマナーが存在するので、独自の知識でなく、きちんと調べたうえで準備をして、いざという時に備えておくようにしましょう。

葬式の女性の服装マナーとは

女性が葬式に参列する際に特に気を付けなければならないのが、基本的には肌を見せないようにするという事です。例えば、胸元が大きく開くようなものは避け、スカートの丈は短くても膝が隠れるくらいまでのものを使用し、ストッキングは無地の黒のものを使用するようにします。また、袖の長さも少なくとも肘が隠れるくらいまでの物を選びましょう。服装の他にも、身だしなみに関しても注意が必要です。派手なメイクを避ける必要があるので、華やかにならないシンプルなメイクを心がけましょう。ネイルも落としてから参列しなければなりません。また、多くの人が集まる場所なので、香水も避けるようにしましょう。葬儀場はお香を炊いているので、香水の香りは周囲に不快感を与える可能性があります。迷惑のないようにしましょう。このように、女性が葬式に参列する場合に注意すべき点がいくつかあるので、いざという時に恥ずかしくないようにきちんと理解をしておきましょう。

年間施行件数2万件は業界3位に匹敵するシェアを獲得。 葬儀後にはお客様アンケートをとり、常に品質改善に努めています。 24時間365日対応可能ですので、依頼に関わらず葬儀に関する質問・相談などお気軽にご連絡ください。 近親者のみで通夜・告別式を行う「小さな家族葬」。参列者が少ないためゆっくり故人と過ごすことができます。 葬式をするなら小さなお葬式